個数カウント式粒度分布測定器

個数カウント式粒度分布測定器

AccuSizer780シリーズ

AccuSizer780シリーズは光学的検知方式(Single Particle Optical Sensing: SPOS法)により、レーザーセンサーを通過する全ての粒子のサイズとその個数を計測し、粒度分布を測定する理想的な粒子個数及び粒度分布測定器です。センサーを通過する個々の粒子から発生するパルス数から粒子個数を、パルス高さから粒子径を測定するため高分解能な測定結果を得ることができます。
光散乱方式と光遮蔽方式の2つの異なった原理の検出方式を併用できるユニークな光学的機構を採用したため、サブミクロンからの広範囲な測定を可能にしました。
希釈溶媒は電気抵抗式で使用されるような電解液である必要はなく、水から有機溶媒まで幅広い溶媒に対応できます。

仕様

測定範囲 LE400-05センサー : 0.5~400μm(標準)
LE1000-2センサー : 2~1000μm
LE2500-3センサー : 3~2500μm
チャンネル数 16、32、64、128、256、512可変

スラリー5ml中に2.0μm Latex 10μL添加(0.2%)

 

 

AccuSizer780AD

1段階希釈方式の自動希釈装置を付属したモデルです。
人的な希釈に比べ、極めて精度良く希釈を実行します。
また、大容量フラスコを使用することにより、大量なサンプル測定や、沈降性粒子も見落とすこと無く測定することが可能です。


 

AccuSizer780APS

2段階希釈方式の自動希釈装置を付属したモデルです。
センサーを通過するサンプルは最適粒子数濃度に自動制御されます。
2段階希釈を行うことで一定の濃度を保つことができるため、極微量な粗大粒子を確実に検出することができます。
また、薬局方における、乳濁製注射剤中の粗大粒子の測定法(USP729 MethodⅡ)に対応したモデルとなっています。


 

AccuSizer780SIS

シリンジサンプラーモデルです。
適宜濃度に希釈したサンプルを測定します。
溶媒使用量が制限される溶剤系サンプルに最適です。


 

AccuSizer780SIS/USP

米国薬局方(USP788)に対応したモデルです。
注射用水、注射剤、点眼剤、プラスチック製医薬品容器等、微粒子試験に対応しています。


 

 

AccuSizer780OL

スラリーの製造ラインや供給装置等に搭載してオンラインでスラリーの品質管理を行なうことに適応したモデルです。


 

 

 

※仕様およびデザインは改良のため予告なく変更される場合があります。