• HOME
  • >
  • 製品紹介
  • >
  • フラッシュクロマト用ディスポーザブルカラム Charge SI

フラッシュクロマト用ディスポーザブルカラム Charge SI

フラッシュクロマト用ディスポーザブルカラム Charge SI

Charge SI サンプルチャージ用

試料は展開溶媒またはそれよりも極性の低い溶媒に溶解して負荷することが望まれます。しかし、試料によっては極性溶解にしか溶解できません。その上、使用した試料調整溶媒が展開溶媒よりも極性が高い場合に、試料が展開溶媒と共に溶出する、いわゆる「すっぽ抜け」現象が生じ、良好な分離が行われないのも現実です。

このたび、そのような問題を解決し、良好なサンプル導入を目的としたCharge SIを製品化しました。

製品に対するご質問・ご要望はこちら


分離性能


使用方法

Charge SIを使用することで調整溶媒に酢酸エチルなどの極性溶媒使用条件下でも分離能低下せずに、むしろ向上させます。


測定条件

  • 移動相:10%AcOEt/n-Hexane
  • カラム:Pulif-Pack SI 60µm SIZE:60
  • Charge SI:SIZE:20
  • サンプル:
    • ベンゼン
    • フタル酸ジオクチル(DOP)
    • フタル酸シブチル(DBP)
    • フタル酸ジメチル(DMP) 酢酸エチルに溶解

導入試料量と調整用溶剤

  • 元データ:ヘキサン1mL
  • Charge SI使用:酢酸エチル5mL
Charge Colum 通常品
Sample 理論段数N 理論段数N
DOP 389 25
DBP 355 306
DMP 447 433

注)ベンゼンは揮発性のため乾燥時に溶媒と共に留去したため消失


Purif-PackEASY

分取精製用カートリッジカラム
シールアダプタ一体型カートリッジカラム
プリフパック イージー